• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永久の別れ

 本日を持ちまして、この「我が家の愛兎」の項目は最後の更新となります。


私の大切な家族の一員だった兎は、私の手の届かないところへ旅立ってしまいました。


旅立った空



我が家に来てから7年だったと思います。


なんとなく予感はしていました。


最近は昔のように元気に走り回ることもかなり少なくなっていました。


ごはんを食べる量も確実に減っていた。


行ってしまう2日ほど前、なんだかお腹の膨れと座り方に違和感を持ちました。


排泄物もなんだかいつもと違うような。


今さらなのですが、病気にかかっていたのかなと。


お腹にガスの溜まる病気にかかっていたのかもしれません。


病院につれていけばまだまだ生き永らえたのかもしれません。


でも寿命であったならいいなと思っています。


まぐ3


 あいつは我が家で飼われていて本当に幸せだったのだろうか?


兎としての生は全う出来たのか?


檻に閉じ込められた不自由な生活。


なので旅立ったことによって、実は解放されたのではないかとも考えてしまう私もいる。


ああ、でもよく考えれば一番幸せだったのはパンを食べている時だったのかもしれない。


あれだけ興奮していたのだから間違いないかな(笑


まぐ2


 私は幸せ者かもしれない。


その日は飲み会で、夕方一度家に帰ってきていました。


何を着ていくか考えていると、珍しくパンをねだるわけでもなく寄ってきたんです。


柵の隙間から頭と鼻先をぐりぐり。


それが最後のスキンシップとなりました。


2次会でカラオケに行っている時に弟から電話がかかってきて、最期を知りました。


ほんの数時間の間の出来事だったわけです。


祖母の時は枕元で触れながらの別れだった。


拾ってきた鳥の時は私の手の中で覚めない眠りについた。


死に目には立ち会えなかったが、最期の最期に触れることが出来ている私は、やはり幸せ者なのかもしれない。


まぐ


 そういえば今さらだけど、うちの兎の名前は「まぐろ」って言うんですよ。


我が家に来た時、猫の餌のマグロ缶の箱に入ってきたから「まぐろ」。


なんというネーミングセンス(笑


なんだか恥ずかしかったのと、家族にブログを見つけ出されると嫌だったので伏せておいたのです。


もうこの際だし、名前を出しちゃってもいいかななんて。


まぐ4


 私はあいつを飼っていたことを後悔はしない。


たとえ不自由な生活を強いていたかもしれなくても、だ。


だって共に過ごした時間はとてもかけがえの無いものとなったのだから。


これまでの時間を後悔してしまったら、もう帰ってはこないあいつへの冒涜となる気がする。


あいつのことを忘れない事が私に出来る精一杯の感謝。


まぐの存在は私という存在を作り上げてくれたひとつであることには変わりないのだから。


最後に一言
 幸せな時間をありがとう。

スポンサーサイト

コメント

7年ですか・・長生きでしたね。
別れは辛いものですよね。
我家の兎の最後を、私は娘と看取ることが出来ました。
涙が溢れて溢れて・・
しーやん家のまぐろさん。本当に幸せだったと思います。
大事にされている様子が、こちらからも良く分かりましたよ^^
だからお互いに幸せな時を過ごせたと思います。
大事な家族を亡くした事は、とても寂しいけれど
いつまでも忘れないでいてあげて下さい。
それが一番だから。。
おいらはペットを飼ったことが無いのでこういった発言が良いのかわかりませんが…

考えるべきなのは「ペットが」ではなく
「自分自身が」どれだけ幸せだったか と思います。
そしてその幸せに対する感謝…ですね。

たくさんの「ありがとう」を送ってあげてくださいね。
一番の手向けだと思います(^^)
kaboさん<7年という歳月を考えると、やはり確実におばあちゃんになっていたんだなと思います。
涙は出ませんでした。
覚悟はしていましたし、それだけ私が大人になったということかもしれません。
でもやはり家族を失った悲しみは感じています。
だから幸せだったのではと言って貰えると救われる気がします^^
ありがとうございました。


ちーの・けいさん<私自身、大切な家族と過ごすことが出来てとても幸せでした。
そしてその時間はとてもかけがえのないものとなっています。
たとえ兎と人間という種族差があっても、です。
小さな小さな命に最大の感謝!

幸せだったと思うょ。
まぐろくん。
残されたものは、後悔やら
そこにいないという寂しさに
つらい思いもするけれど、
一緒にいられた時間、
かけがえのない思い出、
優しい感触。
それらを共有できたことは幸せでしたね。
最後のお別れも、まぐろくんには、
わかっていたんだと思う。
しーやんさんの、ブログでのまぐろとの交流、
愛情深さが伝わってきてましたもの。



ももさん<幸せだったのなら嬉しいね。
人であろうと兎であろうと別れは悲しいもの。
でもそれまでの時間はとても幸せでした。
まぐに教えて貰った命の大切さ、しっかりと私の糧にしないとね!

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター
プロフィール

しーやん

Author:しーやん
ギリギリ昭和産まれは仕事にバドにゲームと今日も奮闘中!
オヤジと言われようが負けません!
体だけはまだまだ若いんだぜ!

プロフ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ついったー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。